インテリアデザインにおける設計業務内容と
基本報酬料(デザイン料・設計料)の算定方法
埼玉県熊谷市の【空間創造工房 株式会社アトリエKC】
二級建築士事務所 インテリアデザイン事務所

デザイン料や設計料は、一般的にプロジェクトの計画規模や用途、業務内容や作成物の量、作業期間やスケジュール等によって決まります。
そこで、日本インテリアデザイナー協会で定める報酬基準(国道交通省告示に準じている) を参考に当社にて調整を加え、一般的なインテリア設計業務における各フェーズ毎の業務内容や主な作成物と、報酬額の算定方法や支払い条件等を記載いたしました。
なお、実際の業務内容や作成物はプロジェクトにより変更され、報酬料もプロジェクトにより異なります。都度、御協議させて頂きます。

(1)業務人件費から算定する方法

A.インテリアのデザインにおける標準設計業務内容について

インテリアデザインの設計および設計監理業務は、次の順序によって業務を行います。
1)企画・立案
・委託者の意図する物を調査整理し立案する段階
・委託者と企画について協議し必要な調査を行い、内容を充実し企画の新しさと適正化を図る作業

2)基本設計
・ 決定された企画を可視的な姿に表現する段階
・デザインの大綱を決定するに必要な適当のアイデアスケッチおよび材料・構造・仕上などの説明

3)実施設計
・基本設計決定後その細部について調査・検討・具体化し積算を可能にする作業

①図面の作成 ②市販品の選定 ③色彩計画 ④仕様書の作成 ⑤工事費概算 etc.

4)詳細設計
・実施設計に従い正確に工事が出来るようにする段階

①詳細図 ②原寸図 ③工作図 etc.

5)設計監理
・工事が図面や仕様書に従い工期通りに進められているか点検し公平な立場に立って指導する業務

①工事契約に関する協力 ②施工図・見本などの審査承認 ③工事の検査・指導
④工事変更等の処置 ⑤官公庁届出の協力・検査立会 ⑥工事費増減の審査 ⑦竣工検査 etc.

B.基本報酬料について(日本インテリアデザイナー協会の資料による)

インテリアデザインの設計料および設計監理業務に関する報酬は以下の方法に基づき算出されます。

1)上記Aの業務の全てを行った場合は、以下のように業務人件費に経費や技術料を加算します。

業務人件費(日額人件費×人工)+経費(業務人件費相当額)+技術料
(一般的に =業務人件費×2.5相当額となります)

※業務人件費は日額人件費に下記表の係数を剰余して算出します。
※経費の内訳は 直接経費(業務人件費×0.4) 間接経費(業務人件費×0.6)
※技術料は業務経験等に基づく技術や創造力への対価で個別判断 業務人件費×0.2~0.5
※下記表の係数は人工を表します(日本インテリアデザイナー協会の資料に基づき当社で修正)

業務にかかる人工

Ⅰ類:
Ⅱ類:
Ⅲ類:

Ⅳ類:
Ⅴ類:

簡易な事務室・作業室・教室・講堂などの類
事務室・会議室・応接室・オーディトリアムホール・遊戯施設などの類
ホテル・旅館・会社等の主要な部屋、
クラブハウス、飲食店、ショールーム、物販店等の類
美術館・博物館・博覧会・展示会などの展示デザインなどの類
戸建住宅・集合住宅・別荘などの類

注1 以下の業務は上記表によらず別途とし、報酬額は上記料率表算出額の50%を基準に協議致します。
  ①建築士として建築物の設計・デザイン
  ②テキスタイル、特殊照明、壁画、モニュメントなどのアート類
  ③美術品・装飾品、展示品、食器などの選定
注2 海外等の遠隔地への出張旅費および広告印刷物に使用するパースなどは上記表によらず別途といたします。
注3 確認申請・用途変更・関係各許認可・補助金申請等にかかる書類作成および手数料(公納金含む)、構造設計料、敷地測量費、地盤調査費などは上記表によらず別途といたします。

2)上記Aの業務を分割または一部を行った場合、1)で算出した報酬総額に以下の割合で掛け算します。

ⅰ.基本設計のみをおこなう場合
ⅱ.基本設計および実施設計までをおこなう場合
ⅲ.実施設計のみをおこなう場合
ⅳ.監理を除く場合
ⅴ.監理のみを行う場合

報酬総額の50%
報酬総額の80%
報酬総額の50%
報酬総額の85%
報酬総額の30%

C.デザイン報酬料の支払(受取)方法について

設計および設計監理の報酬は次のように分割して支払(受取)を受けます。

ⅰ.契約締結日より5日以内
ⅱ.基本設計決定時
ⅲ.実施設計完了時
ⅳ.業務完了時

報酬総額の25%
報酬総額の50%
報酬総額の80%
残額

注3 委託者の都合により業務の一部または全部を中止しなければならない事情が発生した場合、受託者が既に着手した部分に相当する報酬(原則人工計算)を頂戴いたします。
 

(2)工事費から算定する方法 【参考】

基本報酬料を工事費(通常建築物構造体を除いた工事費)による算出方法は以下です。

インテリア総工事費×下記料率による相当額

工事費からの料率

※単位:% 日本インテリアデザイナー協会の資料に基づき当社にて独自に修正

その他、ご不明やご心配の事がございましたら、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ